• 新しい技術を体感せよ

新たなCRM

エフェクト

顧客管理とは

「顧客管理」ということが、現代においてはより重要なものになっている。文字通り、これは企業側が顧客を管理することを意味する。
物を買い、サービスを利用する顧客の好みや傾向についてのデータを管理し、商品やサービスとの結びつきを強固なものにするのがその目的である。
「Customer Relationship Management(顧客関係管理)」というのが正式な言い方であり、略してCRMと呼ばれている。

このCRMと、アドテクノロジーの極北とも言える最新の、そして最高のシステムであるDMPとの間には、深い関わりがある。
その関係は、「CRMで活用されるDMP」とでも言うべきものだ。現代的なCRMを行うにあたって、DMPが活かされているということなのだ。

双方向的

CRMとDMP。三文字の英略語であるという点だけが共通しているような両者を、決定的に関連付けているのは、どちらも「双方向性」を持っているということだ。
これまでのように、例えば企業が「ひとりで考える」ということが、CRMシステム、そしてDMPシステムの登場によってなくなった。

企業がひとりで考え、広告を打ったり商品を売ったりして何とか業績を上げようとしていた時代は、今や過去のものであると言える。
現代は、物を売り、広告を打つ企業と、物を買い、広告を受け取る消費者との間に、双方向的な関係が結ばれる時代なのだ。その結びつきは、ディスプレイを窓としたインターネットの世界において行われるものだ。

DMPは、そこから顧客情報を得てプラットフォーム上で分析・管理を行う。そしてそのことが、CRMに活かされる。
こんな仕組みが、出来上がっているのである。